Amazon Fire HD10がエグい

言わずと知れたAmazonのオリジナルタブレット、
“Fireシリーズ”のハイエンドモデル、
「Fire HD 10」を昨年のサイバーマンデーで購入しておりました。
こいつが予想以上に凄かったので記事にしておきたいと思います。

プライム会員なら15000円で手に入るハイスペックタブレット

Amazonが自社のサービスを楽しんでもらうためのタブレットというだけあって、
有料のプライム会員なら、割引価格の15000円で手に入る高コスパガジェットです。

というか、プライム会員でないとあまり意味がないタブレットなので、
非会員以外が購入する理由もないと思うので、
プライム会員割引なんかやめて、「プライム会員以外買えません」で良い気もします。

これ一枚で、動画も雑誌・マンガ、音楽鑑賞も気軽に楽しめます。
実家でも「このご時世、プライム会員にだけはなっておけ」と入会させました。
そんでもって、これまで使っていた「Fire7」を実家に譲ってしまいました。
今はこの「HD10」をメインに使っています。

自己責任でGooglePlayを入れました

このタブレットはAmazonが独自で開発した「FireOS」というもので動いているのですが、ベースはあくまでAndroidOSが使われています。だもんで、やろうと思えば、「GooglePlayストア」を入れることが出来ます。
(興味のある人はググってください。すぐに色々と出てきます)

結果として、超絶使いやすくなりました。
やっぱりFireOS専用のアプリって数は少ないですし、
アップデートの速度もあまり早くない印象でした。

そうなるとやはり使用の範囲が狭まってしまいます。
これだと勿体無いなってイメージになってしまいます。

iPad mini2を超える高性能タブレットに!

筆者はiPad mini2を愛用しているのですが、
GooglePlayストアを入れたFire HD 10は性能だけで言ったら、
軽くiPad mini2は越えてる印象があります。

勿論、OSが異なるので比べるのもナンセンスなのかもしれませんが、
これまでAndroidタブレットってあまり機敏な印象がなかったので、
この化け方には驚きました。

Appleの製品って何だかんだ言っても高級品です。
筆者が使っているiPad miniも当時は4万円くらいしたと記憶していますが、
Fire HD10は15000円ですからね。
しかもSDカードが対応されていて、拡張性も高い。
AmazonのサービスならSDカードに保存が可能なので、
ストレージで困ることはありません。

正直、iPadってなんだったの?と思ったのは事実です。

 

弱点は重さとバッテリー

HD10の弱点をあげてみます。
大画面サイズのタブレットなので仕方ないのですが、
やっぱりちょいと重いです。
気軽に持ち運びしたいとは思えません。

あとはバッテリーが少し貧弱な印象です。
綺麗な画面なので、動画を観るための用途が多いのですが、
そうなると画面も明るくしておきたいものです。
これはどうしようもないですね。

家専用のタブレットと割り切ると最強

筆者は家専用と割り切っているので、そうなると最強です。
PC画面の近くに常時設置しています。

動画などはFire HD10で流すようにして、
PCは実作業用に空けておくスタイルです。

アプリなどを使って、PCのサイドモニターとして利用するのもありですね。

とにかくプライム会員なら買って損はないガジェットの一つであることは間違いないです。

▼家専用でも保護フィルムは必須

▼SDカードは32GBもあれば十分かと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

ブログ主(一人称:筆者)

radioDTM ディレクター。

民放でも番組制作をさせてもらってます。

follow us in feedly
2019年12月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

人気の記事

PAGE TOP