HDDを持ち歩く時代は終了 -一時保管にゃポータブルSSD-

皆様が普段どんな仕事をされているかは分かりませんが、いまやPCなくして仕事は成り立ちません。
ここ2,3年でスマホ、タブレットでも十分って雰囲気は出てきていますが、まだまだ文章作成や表計算、プレゼン資料作成など、まだまだPCの出番は多いと思われます。

さて、そんな中、仕事のために毎日ノートPCを持ち歩いている。という人も少なくないと思います。筆者もその一人です。筆者の仕事は、ラジオの制作なのですが、収録した音声を放送用に編集したり、OAする楽曲の管理や、素材作りなど、今後もどうしてもPCが必要になる業種だと思います。

そんなワークスタイルの中、PCのスリム化が進んでいて、PCが標準でもっているストレージの容量には、結構限界があったりします。
生放送2時間のwavデータと取り込むだけで、平気で1.4GBくらいは取られてしまいます。

そこでPCと同じくらい必要になってくるのが、外付けストレージでございます↓

ポータブルHDDの大容量化のおかげで、ひと昔前では考えられなかった低コストで大容量の外付けストレージが手に入るようになったのはいいのですが、PC以外にHDDも持ち歩くって意外と大変だなと、ずっと思ってました。

まずそもそもPCがデカいし重い。
軽くなってはきてますが、1キロ〜1.5キロくらいはありますからね。
そこにきて、充電用のケーブルやらなんやらが必要です。
もう、バッグの中身はかなり埋まってしまいます。
プラスで書類、財布、名刺入れ などなど・・・

軽く出来るものはして損はないです。
そんな中で今回の記事の主役がこいつです↓

ポータブルSSDがワークスタイルに革命をもたらす

PCのストレージと言えば、今やSSDが主流ですね。
軽いし、何より速い。
PCの革命を起こしてきたSSDですが、最近では持ち運び用のストレージとしても登場してきています。

筆者のワークスタイルの場合、【長期保管】するためのストレージ以外に、【一次保管】するためのストレージが必要になってきます。

たとえば、「今夜の生放送にむけて、コーナーで使用するナレーション素材とその編集データ」「収録番組のオープニングBGMやジングル素材」「番組で使えそうな音ネタ」など。

放送後だったら、【長期保管】するためのストレージに入れればいいのですが、頻繁にそこに移すのも面倒ですし、そもそも【長期保管用】のHDDを持ち歩くのはリスクがデカいです。落下や紛失などの危険もあります。

そうなると、実は一番大切なのは、”毎日持ち歩いても苦にならない手軽さのある【一次保管】するための外付けストレージである”という結論に至ったわけです。

 

小さめのポーチにも余裕で入る。しかも超軽い!

↑筆者が普段持ち歩いているガジェットポーチです。
小ぶりな型ですが、中には仕事で使うCFカードやカードリーダー、モバイルバッテリーやケーブルなどが収まってます。

そこにプラスでポータブルHDDが入るわけないです。
SSDを買う前は、HDD用に別の小物入れを用意していたのですが、
SSD登場後では、このCHUMSのポーチ一個で全てが収まってしまいました。
恐ろしやSSD!

 

HDDよりも高価なので、使い方には注意が必要

今や、ポータブルHDDは2TBでも一万円ちょいで買えます。
しかし、先程も書いたように、毎日2TBの重要DATAを持ち歩くのは馬鹿げていますし、オススメはしません。

短期間必要なものだけ保管できていれば十分な人がほとんどのはずです。

さらに、HDDに比べてSSDは多少高価なのが現状です。
筆者も240GBという容量をチョイス。それでも買った当時は二万円弱はしました。
もっと欲張れば480GBのモデルや、1TBの商品だってありますが、
いずれ価格は下がっていくでしょうし、あくまで【一次保管】と割り切っているので、240GBで十分です。

それに240GBは、ボケっとしているとあっという間に容量が埋まってしまうので、DATAの整理が定期的に必要になってきますが、そもそもDATAは定期的に管理すべきものなので、逆に忘れなくていいです。強制的にタイミングの方から来てくれます。筆者はある種の煩わしさのポイントを前向きにとらえています。

 

使用時も場所を取らないスマートさ

↑実際にPCにつなげてラジオの編集をしている時の写真ですが、ストレージ用に幅をとることもないです。超軽いので、SSDを指したままPC持ち運びしても、可愛くぷらーんとしてくれています。(断線の恐れもあるので、あんまりオススメはしないですが)

 

まとめ

二年前から使い出したポータブルSSDですが、こいつの登場から、HDDはDATA整理の時くらいしか顔を見なくなりました。ほぼSSDのみで完結してます。

仕事以外も、写真をやる人や動画をやる人なんかも、とりあえず240GBくらいあれば、1プロジェクト完結出来るはずです。終わったら家の保管用HDDに移せばいいだけのこと。今後、持ち運び用のストレージを買うなら、SSDで決まりだと思います。オススメです。

▼人によっては480GBのモデルの方が便利かも

▼(おまけ)CHUMSのポーチ。ちょうどいいサイズで大好きです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 2月 18日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プロフィール

ブログ主(一人称:筆者)

radioDTM ディレクター。

民放でも番組制作をさせてもらってます。

follow us in feedly
2019年2月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

人気の記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
PAGE TOP