ジェイソン・シェフ、ヴィニー・カリウタなど超豪華ミュージシャン参加による近年屈指の新録AOR作!トミ・マルム『Walkin’ On Air』6/6日本リリース!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

フィンランドのベテラン作編曲家/プロデューサーであるトミ・マルムが、欧米の豪華シンガー/スタジオ・ミュージシャンを招いて制作したキャリア初の自己名義アルバム『Walkin’ On Air』。 日本の早耳AORファンの間でもそのクオリティの高さが話題を呼んでいた本作が、2018年6月6日ついに日本リリース決定!

「09年に日本でもリリースされたデヴィッド・フォスター・トリビュート作『FLY AWAY』にて、アレンジ&プロデュースを取り仕切ったフィンランド出身のkyd奏者トミ・マルム。北ヨーロッパで20年以上に渡る音楽活動を展開してきた彼が世に問う、キャリア初のリーダー作。ジェイソン・シェフ(ex-Chicago)、クリフ・マグネス、故ウォーレン・ウィービーらのヴォーカルをフィーチャー。演奏陣にも錚々たる米西海岸の敏腕たちが参加する。そして何より、その顔ぶれに負けない最上級のAORチューンがココにある」 ―金澤寿和(Light Mellow)

<リリース情報>


Tomi Malm / Walkin’ On Air
トミ・マルム『ウォーキン・オン・エアー』
2018年6月6日リリース
Light Mellow Searches.jpg
PCD-24727 定価:¥2,400+税
★日本盤ボーナス・トラック2曲収録
★監修・解説:金澤寿和 (Light Mellow)

Track List
1. Kuwakaribisha
2. Favor
3. When You’re Gone
4. Walkin’ On Air
5. Show Me A Sign
6. Perfect Imperfection
7. Still Life (Interlude)
8. Wouldn’t It Be Kinder
9. Let’s Get To It
10. Brenes (Interlude) [日本盤のみ収録の新曲]
11. You Belong To Me
12. Today
13. I’m So In Love [日本盤ボーナス・トラック]
14. The Place Where Beauty Lies [日本盤ボーナス・トラック]

<参加ミュージシャン>
ジェイソン・シェフ (vo)
クリフ・マグネス(vo)
ウォーレン・ウィービー(vo)
ヴィニー・カリウタ (dr)
サイモン・フィリップス (dr)
ジョン・ロビンソン (dr)
ニール・スチューベンハウス (b)
ルイス・コンテ (per)
エリック・マリエンサル (sax)
ブランドン・フィールズ (sax)
ほか

<アルバムメイキング映像>
Tomi Malm – (The Making Of) Walkin’ On Air #3 Ft. Jason Scheff

radioDTMインフォメーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. 最先端のデジタル3人組バンド、tomodatiが再び登場!!戦友…
  2. 10年間思い続けていたバンドがついに初登場!!今回のゲストは、r…
  3. 6年ぶりの登場!ROTH BART BARON500回オーバーの…
  4. 前回はトークで今回は音楽漬け!!先週無事に、500回目の…
  5. おかげさまで配信500回!!2009年6月から活動をスタートした…
PAGE TOP