XIE’S CLUB BOOK ~鴨沢祐仁イラスト集~発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雑誌『ビックリハウス』の表紙や、マンガ雑誌『ガロ』等で連載をしていた「クシー君」シリーズ他、数多くのイラストやグラフィック・デザインを手掛けていた漫画家・イラストレーター鴨沢祐仁。

その唯一無比の、オシャレでファンシーかつ形而上学的な独特のイラストは、音楽関連でも、鈴木慶一プロデュース『ビックリ水族館』『SF-サイエンス・フィクション-』のジャケットや、ムーンライダーズのトリビュート・アルバムにも採用。またシンガーソングライターの新井正人(ブランニュー・オメガトライブ)も熱狂的なファンで自身のソロアルバムのジャケに多数採用した。
今なお多くの熱狂的なファンを持つ「稲垣足穂よりタルホの世界を現している」鴨沢祐仁。
惜しくも2008年に他界した彼の没後10年を追悼し、生前に深い交流があった北原照久氏(ブリキのおもちゃ博物館館長)の協力の下現存しているカラー原画を中心に、未発表原稿「ぶりきのおもちゃのはくぶつかんのよる」(ラフスケッチ)や、貴重なメモラビリア等も多数収録した、初のイラスト集が刊行決定!!

■少年なのに大人
ロボットなのに人
室内なのに自然
冷たいのに可愛い
鴨沢祐仁のキュートな魅力は、対立項が絵の中で握手しているからである。
そのマジックは絵を成立させている線を見ればよく分かる。
クッキリした冷たい線描がこんなにも優しく愛らしいキャラクターを出現させる。
そのマジックが鴨沢祐仁の魅力なのである。
日本のキューティズムは、鴨沢祐仁から始まったのだ。
——————–萩原朔美(エッセイスト・映像作家 / 元 ビックリハウス編集長)

■私は、鴨沢さんの最良の絵を与えられた幸せな編集者だった。———–南伸坊

■彼が作るロゴだとか、パッケージ・デザインだとか、本当にお洒落で全部商品にしたい!って思ってしまうほどセンスが素晴らしかった。————北原照久

■稲垣足穂の世界を絵画で、カニ星雲のラヂオ放送から流れてくる音楽が、君にも聴こえるだろう?と鴨沢祐仁に誘われたわけである。————-湯浅学

XIE’S CLUB BOOK制作委員会・編
B5判 128P 定価¥2,700+税 5月23日発売 P-VINE / ele-king books
解説:南伸坊、湯浅学、北原照久

●「鴨沢祐仁とイナガキタルホの世界」展
青山ビリケン・ギャラリーにて、5/19(土)より6/3(日)まで、発売記念として開催!!
各ジャンルで活躍する作家による、鴨沢祐仁と稲垣足穂に捧げるオマージュをご高覧ください。
参加作家(敬称略/五十音順)
青木俊直/石塚公昭/オカムラノリコ/かなまち京成/コマツシンヤ/近藤ようこ/高橋キンタロー/田中六大/永野のりこ/鳩山郁子/花輪和一/ヒロタサトミ&midinette minuit/巻田はるか/南伸坊/森環/森雅之/森泉岳士/山田勇男/ユズキカズ/吉田稔美/吉田光彦/わだちず

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. ※現在執筆中。まずはラジオをお聴きください※…
  2. ※現在執筆中。まずはラジオをお聴きください※…
  3. シタールアーティスト ミナクマリさん初登場!…
  4. radioDTMが産んだ(!?)若い才能が初登場!!今回は男女2…
  5. 今野浩喜さん、再びradioDTMに降臨!!TBSラジオ「ガ…

tweet

PAGE TOP