Podcast #102/【企画】配信100回記念イベントを振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

どーも。
相撲レスラー。
社長です。

というわけで、今回はイベント振り返りスペシャルな訳ですが、
めちゃめちゃ長くなってしまいました。。
なので、
2部構成!!!

まずは第1部にて各バンドに対する思いや感想を喋っています。
まずはこちらを聴いて、後半の総括、
HPの更新をお楽しみにしていてください。

では、相撲とってきます。


———————————————–

というわけで、、

相撲とってきました。
負けてきました。

さて、配信後記本編いきましょう。

というわけで、まずコチラから
僕が一週間で起こったこと、感じたことを一言でまとめて表現
“社長の今週のひとこと”

今週のひと言はコチラ
「夢の終わり」

この一言に関してはPart2にて喋っています。
どうぞよろしく。

まず、Part1では各日ごとのバンドを振り返っています。
HPで一つ一つ振り返ってもラジオの意味がないので、やらないです。
大きな範疇で感想を述べようと思います。

5月1日
とりあえずイベント一日目ということで、何より不安だらけな日でした。
前日寝れないほどの不安と期待が入り交じった複雑な気分で迎えました。
先に結論を言っておくと、この不安が徐々に徐々に取り去られていって、
いつしか、期待しかなく、そして感動と希望に満ちあふれた感情で終えることになりました。
とにかくそれくらい、素晴らしいライブをしてくれたバンドばかりで、
かつ、なにより愛情を感じるイベントだった。これは一方的にかもしれないけどね。
そして、フェスという僕らの理想を少しでも感じることが出来たイベントだとも思う。
会場の雰囲気は、まさにフェスにも似た雰囲気で、誰よりも楽しもうとしている
お客さんの顔が凄く嬉しかった。
きっと当初の予定とは違うバンドを見て、新しい音楽と出会った人もいるだろうし、
いつも見ているバンドのいつも以上のパフォーマンスを感じた人もいるだろうし、
もしかしたら良いバンドに巡り会えなかったと肩を落とした人もいるかもしれない。
でも、その一喜一憂を会場にいるだけで感じることが出来て、
本当にピースフルな空間だったと思う。フェスは夏の野外フェスだけじゃない。
日頃行われているライブハウスのイベントだって、
誰かにとってはフェス以上のイベントなんだなと、そう思えたことが何よりの収穫だったと思う。
あとはやはりアーティストの組み合わせで妙な化学反応が起きていて、
更に普段一緒にライブをしないような、そんなバンド同士がリスペクトをし合っている、
そんな一風景にも、すごく感動を覚えたし、ミュージシャンという生き物の面白さを改めて実感した。
そして次週の新宿LOFTに期待せざるを得ない、そんな盛り上がりのなか終えることが出来た。

5月8日
この日はなんと言っても、あの新宿LOFTでライブが出来るということで感無量だった。
そして、そのライブハウスが予想を遥かに超えるほど良いハコで、
本当にこれ以上ないくらい気持ち良く、イベントを開催/運営できたことが幸せだった。
この日、この大きな箱がどの程度埋まるのか、すごく気になっていた。
この無謀とも言える挑戦に、アーティスト、お客さんがどれくらい応えてくれるのか、
僕らのこの熱量は、独りよがりのものなのか、そこがこのイベントを左右すると思った。
そして、見事に応えてくれた。お客さんも、アーティストも、ライブハウスも。
1日もすごく良い雰囲気だったし、素晴らしいライブだったんだけど、
その熱量を超えなければいけないという僕らのプレッシャーをアーティストが請け負ってくれて、
それがどこまでも止まらない上昇気流のように上がっていっていた。
この日は全てのアーティストが見れるということで、お客さんの大移動があったりして、
運営する側としても、色々と難しい面があったんだけど、
それを最大限フォローしてくれたライブハウス、関係者の皆さんの尽力によって、
見事に進行することが出来て、改めてイベントの難しさと、感謝の気持ちで溢れた。
僕らにとって全ての力を注ぎ込んだ2日間を締めくくるに相応しい、
まさに大団円で終えることが出来て、嬉しくて、隠れて涙してしまった。

まぁ
そんなこんなで、様々な障害や困難があったけれど、
本当に皆さんのおかげで素晴らしいイベントにすることが出来たと本気で思っています。
もの凄く月並みな言葉を並べて、大した感想にもなっていないかもしれないけど、
こういう何でもない言葉が、何でもない言葉じゃないんだなということを感じたんです。
感謝も、希望も、絶望も、それを味わったからこそ言える言葉なんだなと。
そういう意味でも、このイベントで僕らは本当に大きなものを得ることが出来ました。
本当にありがとうございます。

あとは、このイベントのとき感じたその熱量、そしてもどかしさを、
今後の自分の生活に影響させてほしいと思ってます。
何度も言うけど、絶対に一日だけで終わらせちゃいけないと思うんです。
これを更に多くの人に、更に深いところで、伝えなきゃいけない。
それは僕らだけでは出来ないことだから、ぜひ皆さんにも少し協力してほしいです。
今日の配信はそのきっかけになるような配信にしたかった。
オープニングの一言はこれに繋がってくるキーワードです。
是非後半部分でそれを聴いてみてください。
かなりうざったいと思うけど、本当に聴いてほしい。そして声を下さい。

ちなみに
番組後半ではメールを3通読ませてもらってます。
どのメールも長文で書かれていて、凄く嬉しい内容が書かれたものばかりでした。
迷ったんですが、僕は返信してないんです。ラジオで返したかったから。
ここで改めてメールをくれた皆さんに感謝を。
本当にありがとうございます。

という訳で以上!!
長々と失礼しました!!

HP更新もここ最近休みがちでしたが、今週からは完全復活です!
毎日面白いコンテンツを引っさげて、皆さんにradioDTMを表現していきます。
どうぞこれからも宜しくお願いします!!!!!

【パーソナリティー 社長】

radioDTMインフォメーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. 2019/8/14

    RE001|MOROHA
    番組リニューアル第一弾ゲストは、盟友のMOROHA今回の配信からリニューアルとなるradio…
  2. 旧体制のradioDTMとしての最後のお知らせです今回は、これま…
  3. 新方針のradioDTMのプロトタイプをお届け!7月から発表し、…
  4. 進化していこうとしているradioDTMの現状報告回!先…
  5. 特別企画!番組向上委員会!!配信は500回を突破。活動も丸10年を通過し、転換期を迎…

radioDTMのプレイリスト

PAGE TOP