配信後記#327/【ゲスト】トリプルファイヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近DJの練習をしてます。ディレクターのカネコです。
いや、特にDJのオファーがあったとかではないんですが、
DTMチームで購入したCDJがスタジオにあるわけですね。
何にも活用してないのは寂しいしもったいない。
・・・そしてたらDJって超ムズイですね。全然上達しないんですが。。。
マジで誰か教えてほしいです。

 

ってことで全然関係ない枕があったあとで今回のゲストです。
ラジオ上では超久々の登場になります。

 

トリプルファイヤー

guest_327

 

radioDTMの初登場は2013年の6月!(前回の配信後記はこコチラ:#213
当時はまだ1stアルバム「エキサイティングフラッシュ」の時代。
その後、2ndアルバムの「スキルアップ」が出て、
いつの間にかテレビの大喜利(?)番組「共感百景」(テレ東)に吉田さんが出演したりと、
僕らが予想をしなかった広がりをみせてくれたトリプルファイヤー。

他に類を見ない超絶オリジナリティのバンドサウンドなだけに、正直驚きました。

彼らに何が起こっているのか?
そして、意図せぬ発展、露出が増えたバンドの最新のサウンドはどうなっているのか?
そんな期待をもってリリースされたトリプルファイヤーの3rdアルバム「エピタフ」
これが、超名盤だった。

はじめて聴かせていただいたとき、本当に鳥肌がたちました。
サウンドとしては、すさまじい境地にいっている。
そして、ボーカルの吉田さんの言葉には、さらに力が出ている。
いや、正確にいうと、より力が抜け、何でもないことを言うようになっている。

この変なバランス感覚。これが本当に気持ちがいい。
一聴するとラフな音楽に思えるかもしれないが、実際は全くもって違う。
リスナー側も一ミリも気が抜けない。
そして、その結果「引きこまれる」「超笑える」
こんな音楽が他にあるだろうか?

トリプルファイヤーは、「高田馬場のJoy Division」「だらしない54-71」という段階を経て、
もはや「トリプルファイヤー」というオリジナリティを確立しつつあります。

【構成カネコ】

 


 

▼今回もゲストのサインをいれたDTMオリジナル巾着にTシャツをセットで1名様にプレゼント!

present_327

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. 2018年の怖い話、後半戦の開幕です!毎年、夏の恒例企画「真夏の…
  2. 毎年恒例!radioDTMの怖い話がやってきた!!活動10年目の…
  3. 激闘の新曲もってこい2018夏の覇者が初登場!先日、2週にわたっ…
  4. 新たな出会いを求めて。NiceMooseが初登場!radioDT…
  5. 新曲もってこいSP夏は大好評!!激闘の後編!恒例の企画「新曲もっ…

tweet

PAGE TOP