独プログレッシヴ〜ポストメタル最重要バンド“THE OCEAN”最新作リリース!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

MASTODON、OPETHらとともに00年代以降の現代プログレッシヴ〜ポストメタルシーンを牽引する独プログレッシヴ・メタル最重要バンドTHE OCEANの最新作がついに国内盤リリース決定!

アルバムとしては『pelagia』(2013年)以来、そして日本を代表するインストゥルメンタル・ロックバンドMONOとのスプリットEP『Transcendental』(2015年)に続く待望の最新作は『顕生代~破壊と創生 第一部:古生代』(原題=PhanerozoicⅠ:Palaeozoic )と銘打たれ約5億4200万年前の太古の地球〜地質時代をコンセプトにした衝撃の超大作!ミックスには前作に引き続きARCH ENEMY、OPETH、DRAGONFORCEなど手がけてきたメタル職人Jens Bogrenが参加、静と動、緩と急を織り交ぜた複雑な曲構成、叙情的なメロディに交錯するグラウル&クリーン・ヴォーカルと先鋭的なメタル要素を濃縮したまさに“プログレッシヴ”の極みとも言うべきサウンドを聴かせてくれる。またデス・ドゥームのオリジネイターであり現在は同じくシーンを牽引するKatatoniaのJonas Renkseが10分を超える大曲「デボン紀:新たなる創生」(M5)にゲスト・ヴォーカルとして参加している。

今回のリリースにあたりリーダーのロビン・スタップス(G/Prog)にインタビューを実施し本作のコンセプトやバンドの成り立ちなど本人の言葉で語られた事実を基にした詳細な日本語解説を封入!これまでの作品が複数枚組の大作や特殊パッケージ仕様で日本国内での流通が難しく、欧米ではシーンを牽引するバンドとして高い評価を受けながらも日本のメディアでは紹介される機会の少なかったバンドの全貌がついに明らかになる!

 

『顕生代~破壊と創生 第一部:古生代』試聴
M5「デボン紀:新たなる創生」 Devonian:Nascent *Katatonia/Jonas Renkse参加

M7「ペルム紀:大量絶滅」(Permian: The Great Dying)

『顕生代~破壊と創生 第一部:古生代』アルバムメイキング映像
“Phanerozoic I: Palaeozoic” – Vlog 1: Iceland

“Phanerozoic I: Palaeozoic” – Vlog 2: Studio & Tour

最新ライヴ映像
The Ocean “Ectasian” (live 2018/5/19 Pelagic Festより)
*2007年発売『Precambrian』収録曲より

<アルバム情報>
タイトル:顕生代~破壊と創生 第一部:古生代 / PhanerozoicⅠ:Palaeozoic
アーティスト:ジ・オーシャン / THE OCEAN
レーベル:P-VINE
品番:PCD-25272
定価:¥2,500+税
発売日:2018年11月14日(水)
解説:山崎智之
smarturl.it/TheOceanCollective

1.カンブリア爆発 / The Cambrian Explosion
2.カンブリア第2章:永劫回帰 / Cambrian II:Eternal Recurrence
3.オルドビス紀:ゴンドワナ大陸の氷河化 / Ordovicium:The Glaciation of Gondwana
4.シルル紀:海蠍の時代 / Silurian:Age of Sea Scorpions
5.デボン紀:新たなる創生 / Devonian:Nascent
6.石炭紀:雨林の破壊 / The Carboniferous Rainforest Collapse
7.ペルム紀:大量絶滅 / Permian:The Great Dying

<アーティスト情報>
-THE OCEAN(ジ・オーシャン)-
ロビン・スタップス(G/Prog)
ロイク・ロセッティ(Vo)
ポール・ザイデル(Dr)
マティアス・ハガーストランド(B)
ピーター・ヴォイクトマン(Key)

ドイツを代表するプログレッシヴ〜ポストメタルバンド。2001年から活動を開始し既に7枚のフルアルバムと1,000本を超えるライヴをヨーロッパ、北米、アジア、オーストラリアなど世界各地で敢行、前作『pelagia』(2013年)リリース以降は“Roskilde Festival”や“Wacken Open Air”などヨーロッパ各地の主要フェスにも参戦し、USヘッドライナーツアーではNYC、サンフランシスコでチケットがソールドアウトするなど世界規模で活躍している。同じくシーンを牽引するバンドであるマストドンやオーペスとはツアーをともにするなど深い交流を持ち、2015年には日本を代表するインストゥルメンタル・ロックバンドMONOとのスプリットEPを発表、ヨーロッパ・ツアーもサポートするなどワールドワイドに活動の幅を拡げており、2000年代を代表するメタルバンドとして世界的に高い評価を受けている。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. 2度目の登場!Poor Vacation!!前回コンピレーション…
  2. 今年最後の新曲もってこいSP!季節ごとに開催している恒例企画「新…
  3. 今週は5年ぶりの登場!ザ・なつやすみバンド先週は6年ぶりにケイト…
  4. 6年ぶり(300回ぶり)の登場!KATE SIKORA!!今回は…
  5. 期待の大型ルーキー!?月の満ちかけが初登場!!今回のゲストは、昨…

tweet

PAGE TOP