GONNO × MASUMURA、4/25にリリースしたデビュー・アルバム『In Circles』のレコ発ライヴ開催が決定!ゲストとしてトリプルファイヤーが参戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

DJハーヴィーも作品を残すカリスマ的レーベルInternational Feel Recordingsをはじめ、世界中の名立たるレーベルから作品をリリースするプロデューサーのGONNOと、日本のインディー・シーンを席巻したバンド”森は生きている”のドラマーとして変幻自在なグルーヴを叩き出してきた増村和彦によるコラボレーション・アルバム『In Circles』のレコ発ライヴの開催が決定!ゲスト・アクトにトリプルファイヤーの参戦も決定し絶対に見逃せない一夜になること間違いなし!

【公演詳細】
■出演アーティスト :
LIVE : GONNO×MASUMURA
GUEST :トリプルファイヤー
■会場 : 代官山UNIT
■公演日 : 2018年7月8日(日)
■開場 : 17:00 開演 : 18:00
■料金 : Adv 3,300yen / Door 3,800yen (共にドリンク代別)
■チケット発売日 : 2018年5月19日(土)
■プレイガイド :
・ ぴあ : Pコード:118-301 (0570-02-9999)
・ ローソン : Lコード:70886(0570-084-003)
・ e+ : http://eplus.jp
■問い合わせ : 代官山UNIT 03-5459-8630 (平日13:00〜19:00)、http://www.unit-tokyo.com

【アルバム詳細】

GONNO × MASUMURA 『In Circles』
ゴンノ&マスムラ『イン・サークルズ』
★解説:野田努(ele-king)
発売日:4月25日
価格:¥2,400+税
品番:PCD-24714

【Track List】
1, Circuit Feat. Takuro Okada & Torn Hawk
2, In Circles
3, Promoter Said Like It’s All About Public Images
4, Missed It
5, Wirbel Bewegung
6, Lichtenberg Downstairs
7, Mahorama
8, Cool Cotton
9, Ineffable
「GONNO」✕ドラマー兼作詞にて”森は生きている”の世界観を作り上げてきた「Kazuhiko Masumura(ex. 森は生きている)」まさかのコラボレーションが実現!日本の次世代ハウス/テクノを代表するプロデューサーと日本のインディーバンドの中で、ぶっちぎりで面白いことをしてきたドラマーによる壮絶なる邂逅がここに!

◎GONNO (WC | Merkur | mulemusiq | International Feel)

日本の次世代ハウス/テクノを代表する旗手として、アシッドかつメロディック、幅広くストーリー性溢れるプレイで各地で活躍。2011年にInternational Feel Recordingsからリリースされたシングル”Acdise #2”が、ロラン・ガルニエやジェームス・ホールデン、フランソワ・ケヴォーキアン等にプレイされ、2011年のベストテクノレコードと言えるヒットを記録。近年ではヨーロッパの他にアメリカ/オーストラリア/アジアへのツアーも勢力的に行い、その傍らオランダDekmantelのPodcastシリーズにDJミックスも提供している。
https://www.clubberia.com/ja/artists/744-gonno

◎増村和彦/Kazuhiko Masumura

1986年生まれ。大分県佐伯市出身。ドラマー、パーカッショニスト。2012年からバンド「森は生きている」のメンバーとしてドラムと作詞を担当。バンドは、『森は生きている』『グッド・ナイト』をリリース。2015年解散後は、GONNO x MASUMURA、OLD DAYS TAYLOR、Okada Takuro、ツチヤニボンド、ダニエル・クオン、水面トリオなどのレコーディングやライヴに参加。また『ele- king』においてコラムなどの執筆を行う。
https://mobile.twitter.com/breadblues
https://m.facebook.com/kazuhiko.masumura

◎トリプルファイヤー

吉田 靖直(vocal)
鳥居 真道(guitar)
山本 慶幸(bass)
大垣 翔(drums)
—–
2006年結成、2010年に現在の編成となる。
「高田馬場のJOY DIVISION」「だらしない54-71」などと呼ぶ人もいた。
ソリッドなビートに等身大の歌詞をのせていてかっこいい。人気がある。
メンバーはみな性格が良く、友達が多い。
http://triplefirefirefire.tumblr.com

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. 初登場!TAMTAM今回はDTM初登場のTAMTAMにインタビュ…
  2. 活動10年目突入!今だからこそ、radioDTMを掘り下げよう!…
  3. 新曲もってこい2018冬の覇者が満を持して登…
  4. 新曲もってこい2018春の覇者が初登場!4月に配信した恒例企…
  5. 2年ぶり3度目の登場!小島ケイタニーラブ今回のゲストは、久し…

tweet

PAGE TOP