ザ・マイスティースの次松大助、ソロアルバム完成。5月16日リリース!バンド編成による新録。タイトル『喜劇“鴉片”』(読み:シーヂィー・ヤーピィエン) の意味とは?!新アー写も公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ザ・マイスティースのヴォーカリスト=次松大助(つぎまつ・たいすけ)がソロ・アルバムをリリースいたします。2018年5月16日(水)発売予定。撮りおろしの新アー写も公開。アルバムはバンドによる録音。メンバーはDRUMS:藤井寿光(ex.ANATAKIKOU)、W.BASS:服部将典(NRQ)、FL.bass:織原良次(bophana他)、E.GUITAR:菅原達哉(フォークシンカーズ)、WOOD WINDS:武井努(ザ・マイスティース)、STRINGS:波多野敦子(ジム・オルーク)にて録音を予定。ジャズ、ラテン、室内楽などをポップな作品に昇華させた新作。エレガントかつ抒情的な世界観、ロマンティックな魅力にあふれる作風で、唯一無二の存在といえる。ザ・マイスティースのファンにもぜひ聴いていただきたい。ラテン・テイストで意味深なタイトル「真夏の雪」、これぞPOPな「これくらいの」ほか、聴きどころ満載の新作。タイトル 『喜劇“鴉片”』(正式な表記は 喜剧 “鸦片” )は直訳すると『喜劇“阿片”』。英語にすると『CONTE OPIUM』。アルバム・コンセプトについて本人よりメッセージが届きました!アルバムジャケット、リード曲のミュージックヴィデオ公開、レコ発ライブスケジュールの発表などの情報もこれからリリース。次松大助から目が離せません!!

次松大助本人によるアルバム・コンセプト解説:

もともとの発端は、「これはなんでしょうクイズ」(出題者が『これは赤いです』『これは野菜です』『これは夏に実をつけます』などのヒントを出して、回答者が『それはトマトです』と答えを導き出すもの)で、答えの部分を「阿片」にしていくつかヒントを出していったときに、ひょっとするとどこかの段階までは『それは音楽です』と誤答できるんじゃないかと思ったことが始まりです。何かが違っていれば、音楽は阿片になれたのか、音楽にも恍惚や白濁を、あるいは戦争を催すことができたのか。そう考えると、戦争まではやはり現実的ではないですから、それらをお芝居(とりわけそれが喜劇)の形で表現できたらなお面白いな、と思ったのがきっかけです。そこから、阿片戦争以降の中国を背景に様々な時代をそこで生きた人々、婉容(えんよう・満洲国の皇后)を始め阿片に翻弄された人々、または中国で培われた芸術や文化(建築や衣装、香炉、茶や茶器など)、そういったものを片隅に置いて、今回のアルバム全体の音像を組み立てました。

 

2018.5.16 release
アーティスト:次松大助
タイトル:喜劇“鴉片”(シーヂィー・ヤーピィエン)
TAISUKE TSUGIMATSU CONTE OPIUM
規格番号:PCD-25225
POS:4995879-25255-0
定価:¥2500-+tax

収録予定曲(仮)全11曲のアルバム予定

01.喜劇”鴉片”
02.まぼろしの日
03.真夏の雪
04.伽藍
05.花束を
06.枇杷に捧ぐ
07.Dad,why am I ugly?
08.木蓮の花庭
09.ソナチネ”睡蓮”
10.これくらいの
11.世は春の日と

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. 初登場!TAMTAM今回はDTM初登場のTAMTAMにインタビュ…
  2. 活動10年目突入!今だからこそ、radioDTMを掘り下げよう!…
  3. 新曲もってこい2018冬の覇者が満を持して登…
  4. 新曲もってこい2018春の覇者が初登場!4月に配信した恒例企…
  5. 2年ぶり3度目の登場!小島ケイタニーラブ今回のゲストは、久し…

tweet

PAGE TOP