Podcast #112/【インタビュー】カラトユカリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんばんは。
蕎麦作りすぎた。そして食いすぎた。
社長です。

今日は涼しくて過ごしやすいですね。
そんな日は颯爽とチャリンコでスタジオまで行こうと思いましたが、
このタイミングでチャリパンク。
マザファカ!

というわけで、早速コチラいきましょう。
僕が一週間で起こったこと、感じたことを一言でまとめて表現
“社長の今週のひとこと”

今週のひと言はコチラ
「アナログ放送終了のお知らせです」

アナログ終了。
でも僕の部屋にはテレビがないから分からない。
みんなこれ盛り上がってんのかな。てか盛り上がるとかそういう出来事じゃないか。
でもなんか、一つの時代の区切りじゃねえかと思うんだけどね。
ミレニアムとかそういうのよりずっと具体的な時代の変化な気がするよ僕は。
アナログの良さを忘れるべからず。
まぁ、僕ら完全にデジタルな団体ですけどね。デジタル世代だぜ。

さて、でもね、アナログというのはやっぱり良い!
さっそくそんなことを思わせてくれるアーティストの登場。
今日のゲストは、素晴らしい女性シンガーソングライターに来ていただきました。

カラトユカリ!!

 

大部分の日常と少しの空白から歌が生まれるという彼女の歌は写実的な抽象画を見ているように、豊潤な色彩感に溢れその音や言葉は耳から溶け込んで記憶の一番深い処に心地よく根を落とす。類い稀な表現力を持った孤高のシンガーソングライター。現在、都内ライブスペースを中心に活動中。
オフィシャルサイトより引用

先日「おんがくのじかん」から初の流通アルバム【私のうたうこと】をリリースしたばかり。
素晴らしいメロディーと、その自然で神秘的な歌声で僕らを魅了して止まない。
そんなカラトユカリさんには、今回生ライブをしてもらいました!!!
もう、ホント今回の聴きどころは完全にこのライブ。
合間合間に入ってくる僕のトーク邪魔なんじゃないかというくらい、素晴らしいライブです。
これまで数々のアーティストに弾き語りライブをしてもらっていますが、今回は特筆する程良い。
楽曲の良さや歌声に加えて、その歌が持つドラマチックな世界が聴こえてくる。
そんなライブの合間に楽しいトークもしてくれましたよ!
以前バンドをやっていたこと、そしてそのバンドが想像もつかない様なジャンルだったこと笑。
音楽を始めたきっかけから、ソロになった経緯、アルバム発売までを、喋ってくれています。
なんか、凄く思うのは、懐の大きさと歌が持つ底深さというのは、やはり歌い手の人生を投影する。
そのひとがいかに音楽と触れ合ってきたかが良く分かるのは、やはりその音楽自体だと再認識した。

そうそう、今回のアルバム、終盤にはバンドサウンドが少し入っている曲があります。
これ、僕かなり良いと思うんですよね。
やはり一人で弾いて歌えるアーティストというのは、その広がり方を楽しめる余白を持っている。
カラトさんもその例外ではなく、ホントに今後どういうサウンドの広がりを見せるのか気になる。
話を聴くと、今回のアルバムは「デモ」という位置づけでもある様なので、次回作がもしかしたら正真正銘のデビュー作かも。
そういう意味でも、今後のカラトユカリにも注目です。
もちろんまずは今回出たアルバム「私のうたうこと」を聴いてからね!マストバイ!

というわけでカラトユカリさん、ありがとうございます!!
これからもよろしくお願いいたします!

◉カラトユカリ・オフィシャルサイト

【LIVE告知】

2011年8月7日(日) 三鷹 おんがくのじかん
『KIASMA vol.34』

Open 18:00 / Start 19:00
【チケット】
予約・当日 1500円 + 1ドリンク
【出演】
小野一穂/mmm/松倉如子/カラトユカリ

2011年9月17日 (土)・18日(日)山形県長井市・古代の丘縄文村
『ぼくらの文楽』

Open 10:00 /Close 21:00 (予定)
【チケット】
■前売り2日通し券:¥11,000
■前売り1日券:各¥6,000
■前売りテントサイト券 ¥ 2,000 ※限定200枚
■当日1日券:¥7,500 (前売り券が完売した場合当日券の販売はありません)
■シャトルパス:¥1,000 (当日駐車場にて販売)
【出演】
17日(土)
◆太陽ステージ◆
キセル / たむらぱん / DE DE MOUSE / 七尾旅人 / 羊毛とおはな / Laika Came Back / Little Creatures / レキシ
◆水ステージ◆
ALOHA / Pink Freud / kottur / 彩 / 伊藤礼 / ツジヤマガク

18日(日)
◆太陽ステージ◆
Qurage / 栗コーダーカルテット / コトリンゴ / トクマルシューゴ / Pink Freud
◆水ステージ◆
キムウリョン / はなし / 木製の椅子 / Temple Book / 笹口騒音オーケストラ / うずら / カラトユカリ

2011年9月24日 (土) 埼玉スタジアム2002
『ぐるぐる回る2011』

Open 11:30
【チケット】
前売り3,000円  当日4,000円
【出演】
曽我部恵一BAND / カジヒデキ / ホフディラン / 踊ってばかりの国 / かせきさいだぁ / THEラブ人間 / OVERROCKET / Eccy / KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE’S×近所のメンバー / 9dw / Fragment / エイプリルズ / Wack Wack Rhythm Band / BiS-新生アイドル研究会- / BUBBLE-B feat. Enjo-G / 魔ゼルな規犬 / とうめいロボ / 昆虫キッズ / cryv / about tess / クリプトシティ / URiTA / DJ shabushabu / golf / クンクンニコニコ共和国 / TASKE / 生死鴉 / ソコラノグループ / エジプト文明ズ / シャー クニャークス / シガレットシーワズ / Tail’z / 平和ボケ / 実ズ(米本実+直江実樹+小池実) / mujer / どーでもいーでーず / 夢見てる / まじ☆ぽじ / 戰車倶楽部 / カラトユカリ
<チケット・お問合せ>ぐるぐる回る2011

<パーソナリティー社長>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. 噂の企画の第二弾!!今年の3月にやってみて手応えがあった企画…
  2. 2018年の怖い話、後半戦の開幕です!毎年、夏の恒例企画「真夏の…
  3. 毎年恒例!radioDTMの怖い話がやってきた!!活動10年目の…
  4. 激闘の新曲もってこい2018夏の覇者が初登場!先日、2週にわたっ…
  5. 新たな出会いを求めて。NiceMooseが初登場!radioDT…

tweet

PAGE TOP