For Tracy Hydeの夏botがインディーロック界隈の素晴らしいメンバーと新たにスタートさせた「ニューJ-POP」を標榜とするバンド、エイプリルブルーが活動開始から8ヶ月で初のアルバム『Blue Peter』をリリース!アートワーク、アルバムトレイラーも公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

For Tracy Hydeの夏bot、ギターにムラカミカイ (I Saw You Yesterday/Inner Wall) ベースに村岡佑樹 (ARAM) ドラムには宮澤純一郎 (17歳とベルリンの壁) という強力な面々にバンド未経験のボーカル・船底春希のどこまでもまっすぐに響く透明な歌声が乗り、それと呼応するかのように、作曲を手がける夏botこと管梓のメロディもいままでにない素直さを見せる。東京のインディシーンで精力的に活動するメンバーたちの経験と素養に裏打ちされたサウンドは、海外のインディロックやドリームポップのエッセンスをJ-POPのフォーマットと情感に落とし込んでいる。それは、どこか懐かしく、それでいてフレッシュな感覚に満ち、バンドが標榜する「ニューJ-POP」を体現した一枚に仕上がった本作は、まさにJ-POPという大海への船出の旗印=Blue Peterだ。

Trailer


■アーティスト情報

エイプリルブルー (AprilBlue)

船底春希 Vo./Lyrics
管梓 (For Tracy Hyde) Gt. Cho./Music
ムラカミカイ (I Saw You Yesterday/Inner Wall) Gt.
村岡佑樹 (ARAM) Ba.
宮澤純一郎 (17歳とベルリンの壁) Dr.

10 代の頃からイベントオーガナイザーとして活動していたバンド未経験のラッキーガール船底春希と、カラオケで彼女の歌声を見初めた管梓により、『シングストリート』ばりのバンド神話を目指すべく2018年秋に結成。共通の友人のなかから船底主催のイベントに出演経験のあるムラカミカイ、村岡佑樹、宮澤純一郎を引きずり込み、強力なドリームチームが完成する。
親しみやすくも浮遊感のあるメロディと青いリリックを東京インディ隆盛以降の感性で鳴らすニューJ-POPバンド。

Mail: aprilblueband@gmail.com
Web: http://april.blue


■リリース情報

アーティスト:エイプリルブルー (AprilBlue)
タイトル:Blue Peter
レーベル:P-VINE inc,
品番:PCD-20411
価格:2000円(税別)
発売日:2019年12月4日

<track list>
1.Intro
2.エイプリルブルー
3.スターライト
4.ベイビーブルー
5.朝
6.サンデー
7.運命の人
8.イノセンス
9.花とか猫とか
10.ミルキーウェイの岸辺から

radioDTMインフォメーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

特集連載|清水煩悩 -煩算-

Podcast新着

  1. アニバーサリーイベントのTHREEMANに出演してくれるハバナイから浅見さんが登場!12月1…
  2. ボアズの石原さんとマスドレの宮本さんの豪華ダブルインタビューが実現!今回…
  3. 音楽Podcast番組「radioDTM」の配信500回と10周年を記念したアニバーサリーイベントに…
  4. 「稀代の変哲」とも称され、水曜日のカンパネラ・コムアイなどからも称賛を得るミュージシャン、清水煩悩が…
  5. 「稀代の変哲」とも称され、水曜日のカンパネラ・コムアイなどからも称賛を得るミュージシャン、清水煩悩が…

radioDTMのプレイリスト

PAGE TOP