USオルタナ・エモシーン随一の極上メロディ・メーカー“OSO OSO”最新作本日発売&レコメンド・コメント公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

THE GET UP KIDS、JIMMY EAT WORLDらUSエモの系譜を受け継ぐオルタナ・エモシーン随一の極上メロディ・メーカー“OSO OSO”最新作『Basking In The Glow』がいよいよ本日発売、そしてDJ Highschool&天井潤之介両氏からのレコメンド・コメントも公開!クリーントーン主体のドライなギター、個性的でありながら聴き心地の良いヴォーカル、日本人の琴線に触れる切なくも叙情的なメロディとリヴァース・クォモも顔負けの優れたポップセンス、そして楽曲中盤以降に炸裂する恍惚の展開が幾度も胸をアツくさせる間違い無しのサウンドです!

DJ Highschool (seminishukei)
自分は兼ねてからCampaign for Emo Destructionを掲げておりましたが、
こちらを聴いてから改心しました。
と言うのは全くの嘘でそんなものは別に掲げてませんでしたが、
それくらい素晴らしかったです。
Oso Osoの奏でる旋律は人によっては失われた感覚を取り戻させてくれたり、
人によっては今現在感じてるワクワク感を増長させる魅力を持っていると思います。

天井潤之介
2010年代を迎えて以降、エモのリバイバルを牽引してきた“第四の潮流(forth wave)”と呼ばれるバンドたち。
なかでもこのオソ・オソを率いるジェイド・リリトリは、屈指のメロディーメイカーにしてリリシスト。
ブラン・ニューやベイサイドに代表される東海岸のエモの系譜を受け継ぎつつ、
ゲット・アップ・キッズやアメリカン・フットボールといった“第二の潮流(second wave)”のレジェンドたちはもちろん、
90年代や2000年代のインディ・ロックの最良の部分を備えたナイーヴでフックに満ちたソングライティング。
リリトリいわく「Kinda poppy, garage, poppy, punkish rock pop music」――
そんなオソ・オソの魅力が凝縮されたニュー・アルバムは、
いま、何度目かの黄金期を迎えているエモのピークを伝える作品といって間違いない。

<ミュージックビデオ>
「impossible game」

「gb/ol h/nf」(国内盤限定ボーナストラック)


<アルバム情報>
タイトル: バスキング・イン・ザ・グロウ / Basking In The Glow
アーティスト:オソ・オソ / OSO OSO
レーベル:P-VINE
品番:PCD-83018
定価:¥2,300+税
発売日:2019年8月16日(金)

《収録曲》
1.intro
2.the view
3.basking in the glow
4.dig
5.one sick plan
6.a morning song
7.priority change
8.wake up next to god
9.impossible game
10.charlie
11.gb/ol h/nf(bonus track)
12.subside(bonus track)

https://smarturl.it/osooso_basking

radioDTMインフォメーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. リニューアル後にピッタリな企画!プレイリストで遊ぼう!番組リニューアル後の新企画です。S…
  2. 活動10年の同期にして盟友、THEラブ人間が登場!!今回は本当に長年一緒に時を歩んできたと言…
  3. アーバンギャルドのおおくぼけいさんとhenrytennisの奥村祥人さんにダブルインタビュー!…
  4. リニューアル後もやります!しかも10周年の特別版!!番組リニューアル3回目の配信は、夏の恒例…
  5. リニューアル第二回のゲストはwebnokusoyaro!!番組リニューアル後、二組のゲストは…

radioDTMのプレイリスト

PAGE TOP