6/19発売、Half Mile Beach Clubの1stフル・アルバム『Be Built, Then Lost』よりアルバム全曲ティーザーとMV「Olives」が公開! 長島源(Cinema Amigo館長)、KUDO AIKO(Far Farm)からのレコメンド・コメントも到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プライマル・スクリームや、ザ・ストーン・ローゼズ―マッドチェスター・サウンドに多大な影響を受け、新世代ならではの様々なジャンルが融合された、衝撃のバレアリック・ダンス・ミュージック!Half Mile Beach Clubによる1stフル・アルバム『Be Built, Then Lost』がついにリリース!

<Teaser>
Half Mile Beach Club / Be Built, Then Lost Teaser

<MV>
Half Mile Beach Club / Olives

Half Mile Beach Club / Blue Moon

<コメント>
◎長嶋源(Cinema Amigo館長)
僕のやっているCINEMA AMIGOで定期的にイベントをしている彼らがアフターで音楽をかけ始めると90年代のUKロックから60年代の音楽まで様々な時代の音楽が流れてくる。
今の時代のバンドならではの音を創り出しているのにどこか懐かしさが混じるのは彼らの聞いてきた音楽が血肉となっているからなんだろう。
こんなバンドが地元から生まれて素直に嬉しい。

◎KUDO AIKO(Far Farm)
行ったことのないはずの街に、迷い込んだ感覚。跳ねながら歩く、夏の夜の散歩。
またここに来よう。

◎KASHIF(PPP)

熱くて涼やかで緻密な、

とてもステキな音楽でした。

目的意識を持って作られた音楽は景色が降りてきますね、見習いたいです。

ギターフェティッシュな部分に共感する中で「Olives」のリードギターリフがとても素敵で印象に残ったので、ふと無意識にパクらないよう気をつけねばと思いました笑。改めてリリースおめでとうございます。

◎佐藤公俊 (Mother Tereco)
寄せては返す波のように記憶をくすぐり続けるメロディが心地よく、いつまでもこの音の世界で漂っていたくなる。
気の利いたアイロニーをスパイスに、ただ過ぎていく日々の中に転がっている喜びや苛立ちをぶつける彼らの音楽はとても愛おしい。

<アルバム情報>
◆2017年にスマッシュ・ヒットしインディ・シーンで話題を呼んだコンピレーションCD『Rhyming Slang Covers』に参加し、錚々たるメンツを招集したイベント“Half Mile Beach Club”を主宰。シーンからの注目度が沸々と高まる中1st EP『Hasta La Vista』を2018年リリース。UKロックやマッドチェスターのみならず、オルタナティヴR&Bやダブステップといった多岐に渡る音楽ジャンルを自然にクロスオーヴァーしてみせたフレッシュな才能とセンスで多くの耳の肥えたリスナーを驚かせた。

◆今作『Be Built, Then Lost』では、ミニマルかつシェイキーでトライバルなTsuzukiのドラム、シンプルながらも有機的で太いグルーヴを練り上るTakahashiのベース、クラブ・イベント“CLAT”を主催するシンセ・サンプラーのAsakuraの3人による多層にレイヤリングされたリズムを軸に、ギターのMiyanoによる昨今では新鮮にも聴こえる歪んだハムバッカー・サウンドの心地よく刻まれるリフとフィードバック、バンド・アンサンブルの一部分を担っているエフェクティヴなYamazakiのヴォーカルが重なり、開放的で高揚感のあるHMBC印ともいうべきバレアリック・フィーリングと先鋭性が同居した唯一無二の音像を完成させた。

◆ゲスト・ミュージシャンにパーカッショニストRyudai Kawatani (L.E.D / Freaky Machine)、ゲスト・ヴォーカルにKUDO AIKO (FarFarm)、ミックスに佐藤公俊(Mother Tereco)、マスタリングに中村宗一郎(PEACE MUSIC)を迎え、制作された本作。Half Mile Beach Clubは加熱し過ぎた現在のシティ・ポップとは一線を画し、インディー・ロックとクラブ・カルチャーの境界線を揺らし、刺激し続けるだろう。

◆本日6/12よりアルバム内の各楽曲のティザーをまとめたティザームービーが公開されたので、是非チェックしてみよう。

<リリース・パーティー情報>
~Half Mile Beach Club 1st Album Release Party~ “ACID BEACH CLUB”

Live:
HOPI
WOOMAN
Half Mile Beach Club

DJ:
beipana
kotsu (CYK)

日程 8/3(土) OPEN / START 18:30
料金 Adv, ¥2500+1D / Door ¥3000+1D
会場 shimokitazawa THREE  http://www.toos.co.jp/3/

予約方法
バンド予約ページ
https://www.half-mile-beach.com/booking
上記ページにて、「名前」「メールアドレス」、Messageに「8月3日チケット予約希望・必要枚数」を明記してメッセージをお送り下さい。

会場予約アドレス
ticket3@toos.co.jp
件名に「8月3日”イベント名”チケット予約希望」本文に「名前/必要枚数/連絡先」を明記してメールをお送り下さい。
こちらで手続きが済み次第予約完了のメールを返信致します。
携帯電話より送信される場合はドメイン指定を解除して下さい。返信メールが送れない場合があります。

<プロフィール>
Half Mile Beach Club ハーフ・マイル・ビーチ・クラブ
神奈川県逗子市を拠点に活動するバレアリック・バンド。
Vocal、Guitar、Bass、Drum、Synth/Samplerの5人からなるバンド・メンバーの他、
自らがオーガナイズする音楽と映画のParty “Half Mile Beach Club”にて活動するバーテンダーやフォトグラファー、DJなどのメンバーも有し、総勢9人からなる音楽プロジェクトでもある。

マッドチェスター・サウンドや90年代初頭のUKロックのフィーリングをまとったギターとトライバルなビート・アプローチ、その上に多彩なサンプリング・サウンドとエレクトロニックな処理が施された独特のヴォーカルが混じり合い、オリジナルなバレアリック・サウンドを作り出す。

HP:https://half-mile-beach.com
Soundcloud:https://soundcloud.com/halfmilebeachclub
Twitter:https://twitter.com/HMBC_tw
Instagram:https://www.instagram.com/halfmilebeachclub/
Special Site:https://www.half-mile-beach.com/bblt

<Spotifyプレイリスト>
HMBC Crew’s Playlist
HMBCクルーが最近よく聴いている曲を毎週UPするプレイリスト
https://open.spotify.com/playlist/0Uh860mS61YdC2kX292Py9?si=vvHGRk_NSjaEmzmUeqN3Ng

<アルバム情報>
アーティスト:Half Mile Beach Club / ハーフ・マイル・ビーチ・クラブ
タイトル:Be Built, Then Lost / ビー・ビルト, ゼン・ロスト
品番:PCD-83011
定価:¥2,300
発売日:2019年6月19日

<Tracklist>
1. Nite Revue
2. Blue Moon
3. Oasis
4. Chasing the First High
5. Zapper
6. Temperance Club
7. Baobab
8. Olives
9. Yankee
10. in the Windy City

radioDTMインフォメーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. 2019/8/14

    RE001|MOROHA
    番組リニューアル第一弾ゲストは、盟友のMOROHA今回の配信からリニューアルとなるradio…
  2. 旧体制のradioDTMとしての最後のお知らせです今回は、これま…
  3. 新方針のradioDTMのプロトタイプをお届け!7月から発表し、…
  4. 進化していこうとしているradioDTMの現状報告回!先…
  5. 特別企画!番組向上委員会!!配信は500回を突破。活動も丸10年を通過し、転換期を迎…

radioDTMのプレイリスト

PAGE TOP