インスト音楽のイメージを変える唯一無二のグルーヴ・バンド、ハモニカクリームズ。通算第5作となる待望のニュー・アルバム『ステレオタイプ』、3月28日(水)リリース!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スペインで10万人が一度に認めた、インスト音楽のイメージを変える唯一無二のグルーヴ・バンド、ハモニカクリームズ。ロックでありジャズでありポップであり、そのどれでもない未体験音楽はケルトとブルースの融合から始まった。ブライアン・フィネガン(Flook)等を招きスペインで制作された前作『アルケミー』から2年、日本では約5年ぶりの録音となる全編新曲の冒険アルバムが登場!!

■過去4度に渡る欧州ツアー、そしてケルト音楽祭優勝など海外での実績から、日本国内のインディー・シーンでも注目を集め始めたトリオ、ハモニカクリームズ。三者三様のエモーションが音に映し出され、聴き手を圧倒的に惹きこむ楽曲とその演奏は、ロックフェスからジャズフェスへの出演など活動の域を定めない。
■今回で3作目の参加となる田中佑司(bonobos、サンガツ)をドラムと鍵盤に迎え、さらに、収録曲「Thirtyy ears」のみ、数十年にわたりCharaのサウンドメイク等を手掛ける成田真樹がプロデュースとして特別参加し、強烈な宇宙色を放つ。
■フランスを中心に年の半分以上を海外生活するハモニカ奏者の清野美土をはじめ、独特でいて異なる個性や考え方を持った人間がワガママに作り共存することで、このバンドからは言葉以上の感情が響く。混沌、揺らぎ、憂い、遊び、シンプル、衝動、不和、そして調和……。実験を重ねるうちに民族音楽の枠を大いにはみ出して生まれた奇跡の快作、『ステレオタイプ』。
■アルバムのリリースを記念したツアーも決定。

 

《商品情報》
Harmonica Creams: Stereotype
ハモニカクリームズ/ステレオタイプ
品番:PCD-25252
発売日:2018年3月28日(水)
価格:定価:\2,500+税

【収録曲(曲順未定)】
アラン・フィッシャーマン
Ready for anything
Polaris
イチブンヒャッケン
Alba
イヴ・ヴォート
Looking by that hill
Thirtyy ears
エル・ベラーノ
Matane

●録音&ミックス:田辺玄

 

《アルバム・リリース記念ツアー》
4月13日(金)高崎・板鼻ポケット
4月14日(土)金沢・もっきりや
4月19日(木)名古屋・TOKUZO
4月21日(土)京都・UrBANGUILD
4月22日(日)東京・STAR PINE’S CAFE
※詳細は2月5日(月)以降、オフィシャル・ウェブサイト(harmonicacreams.com)にて発表

 

ハモニカクリームズ
清野美土 (Harmonica)、大渕愛子 (Fiddle)、長尾晃司 (Guitar)
ケルトとブルースを背景としたハモニカ、フィドル(ヴァイオリン)、ギターによるインストバンド。珍しい楽器編成から生まれる艶やかな旋律とエモーショナルな衝動が連続し疾走する。2012年に世界最大級のスペイン国際ケルト音楽祭「フェスティバル・オルティゲイラ」のコンクールでアジア人史上初優勝を収める。以後、欧州各地のフェスティバル出演をはじめ、各アルバムは日欧米のラジオや紙面でも取り上げられる。歌詞を持たないことで自由に受け取れる音の反射が、国籍や年齢の枠を越えて広く評価されはじめている。
harmonicacreams.com

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. 噂の企画の第二弾!!今年の3月にやってみて手応えがあった企画…
  2. 2018年の怖い話、後半戦の開幕です!毎年、夏の恒例企画「真夏の…
  3. 毎年恒例!radioDTMの怖い話がやってきた!!活動10年目の…
  4. 激闘の新曲もってこい2018夏の覇者が初登場!先日、2週にわたっ…
  5. 新たな出会いを求めて。NiceMooseが初登場!radioDT…

tweet

PAGE TOP