3/14にele-king booksより刊行予定の書籍『ボーカロイド音楽2017(仮)』と併せて、スッパマイクロパンチョップが選曲したコンピCD『合成音声ONGAKUの世界』も同日発売決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

3/14(水)にele-king booksより刊行予定の書籍『ボーカロイド音楽2017(仮)』と併せて、全15曲収録のコンピレーションCD『合成音声ONGAKUの世界』の同日発売が決定した。なお、CDの監修/選曲は、合成音声ONGAKUにまつわるイベントの主宰や、自身もmixを発表している、スッパマイクロパンチョップ氏が行った。なお、下記は収録楽曲と初発表年月日、氏による簡単な解説である。今まで合成音声ONGAKUになかなか足を踏み入れることができなかった、そこのあなたに聴いてほしい!

 

<CDリリース情報>
2018年3月14日 発売
PCD-20389 V.A. / 合成音声ONGAKUの世界
全15曲収録
¥2,000+税

(※ ナンバー/アーティスト名/収録曲名と初発表年月日:合成音声曲動画初投稿年/他の名義「あだ名」やプチ解説)

01.春野 「nuit」 (17.12/4):17年1月/現在、合成音声シーンで最も注目されている新星。静寂と脈動。ドキドキしない?
02.Treow 「Blindness」 (09.9/4):09年9月/ELECTROCUTICA「逆衝動P」「変拍子の貴公子」/誰が聴いても驚く究極の合成音声クラシックナンバー。
03.piptotao 「春 etc.」 (17.4/26):17年4月/Pip(作詞,セクシー)とTao(作曲と絵)による2人ユニット/世界のインディーシーンと大共振。クリエイティヴです。
04.羽生まゐご 「阿吽のビーツ」 (17.8/19):15年11月/求心力の強いメロディーと独特な音使いの魅力が凄い。
05.拓巳 「Kaleidoscope」 (16.4/10):09年3月/包容力のあるミディアムROCK。とても美しいマスターピース。
06.cat nap 「ぺシュテ」 (17.3/2):12年11月/ねこむら(曲)とねこみ(詩)による2人ユニット/多様な曲調のオリジナル曲群の中で最も可愛らしいナンバー。
07.鈴鳴家 「フリーはフリーダム」 (16.3/9):10年1月/モダンでトリッキーな歌謡HIPHOPを得意とする「円盤P」の強力にキャッチーなヒット曲。
08.松傘, mayrock,sagishi,緊急ゆるポート, trampdog 「人間たち」 (16.12/30):13年12月/合成音声HIPHOP界のエピックなコラボレーション。全員重要人物。
09.でんの子P 「World is NOT beautiful」 (14.9/21):14年4月/問題作しか発表しないPOPなトリックスターのやんちゃ炸裂の逸品。
10.のうん 「箒星」 (16.7/7):15年6月/これほど美しいメロディーとは滅多に出会えない。内省の空に人知れず光る一筋の彗星。
11.ぐらんびあ 「孤独、すべて欲しい」 (17.3/2):12年4月/美メロ+ドラムンベース+青春PUNKの化学反応。堪らない疾走感。
12.キャプテンミライ 「イリュージョン」 (08.10/14):08年4月/歴史に太字で刻まれるべき普遍的名曲。
13.Dixie Flatline 「シュガーバイン」 (15.3/19):08年3月/多くの人に歌い継がれている近年のPOPスタンダード。
14.yeahyoutoo 「lean on you」 (17.8/10):12年8月/鬼才「ケイシャー」のロマンティックでワンアンドオンリーな世界。
15.Noko 「只今」 (17.6/28):15年12月/名曲だらけのNokoの稀有な魅力の1曲。この優しさに許されてください。

<監修/選曲者プロフィール>
スッパマイクロパンチョップ (Twitter:@suppasan)
1969年愛知県生まれ。1991年セツ・モードセミナー卒業。1998年から音楽作品を竹村延和のレーベルChildiscからコンスタントに発表。自由でファンタジックな作風のポップスを追求。2013年に個人事業「レコード水越」立ち上げ。サウンドプロデュース、イラスト、デザイン、選曲、等幅広い仕事を請け負う。

 

<書籍概要>
2018年3月14日
ISBN-978-4-907276-93-5
『ボーカロイド音楽2017(仮)』
\1,500円+税(予定)
96頁
【監修】 しま

2017年のボーカロイド音楽シーンを大総括!

初音ミク10周年を迎え、大きな盛り上がりを見せた2017年のボーカロイド音楽シーン。その実態は、どのようなものだったのか? 発表された楽曲やアルバム、書籍やイベント、さまざまなニュースを通して、2017年のボカロ・シーンを振り返る!

2017年に発表された楽曲・アルバムを精選、一挙レヴュー/ボカランのチャート推移の分析/ニコ動ランキングと広告の関係/中国のボカロ・シーンの現状/ジャズとボカロの関係/鏡音リン・レンと初音ミクとの違い/etc.

監修を務めるのは、これまで優れた観察眼でボカロ・シーンを追い続け、『別冊ele-king 初音ミク10周年』でも監修を務めた、しま。さらに、ありらいおん、あるか、アンメルツP、ヒッキーP、マンボウなど、強力な布陣が2017年のボカロ音楽を俯瞰する。オーヴァーグラウンドからアンダーグラウンドまで、ボカロ・シーンの“いま”を切り取ったこの1冊は、コアなボカロ・ファンはもちろん、これからボカロ音楽に触れてみたいという方にもオススメです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. サイケデリック キャンプファイヤー ミュージック!Ring Ring…
  2. 超注目のHIPHOPクルー。TENG GANG STARR初登場…
  3. 毎年恒例のラーメンの祭典!ラーメン大賞2018!!radioDT…
  4. 今年最後の新曲もってこいの覇者!ODOLAが登場!先日開催した「…
  5. 2度目の登場!Poor Vacation!!前回コンピレーション…

tweet

PAGE TOP