noid、待望の3rdアルバム「HUBBLE」リリース決定 +東京、金沢でレコ発も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

宇宙望遠鏡『HUBBLE』
- 未知の世界に向かう想像力と、驚きに満ちた奇跡的な邂逅のシンボルとして-
金沢のオルタナティヴ・ポップ・バンドnoid、待望の3rdアルバムが完成。

2ndアルバム『so are millions of us』がCDショップ大賞・甲信越北陸ブロック賞を受賞して以来、快進撃を続けてきたnoid。
北陸新幹線の開通と共にインディ・シーンに新たなフロンティアを出現させた主催イベントMagical Colors Nightには、of montreal、+/- {PLUS/MINUS}、TOPS、ROTH BART BARON、LUCKY TAPES、Awesome City Club、ザ・なつやすみバンド、UQiYO等、国内外の最前線アーティストを招聘。
DIYの結晶のようなスタンスと、多彩なルーツを縦横無尽に掛け合わせたカラフルな音楽性で、静かな旋風を巻き起こしつつある。
4年ぶりとなる本作に合わせて、ボロフェスタ主催者でもあるSSWのゆーきゃんが加入。
さらには京都の気鋭アーティストjunaidaがアートワークを手がける。noidという小さな宇宙、その魅力を覗き込むための最高のアイテム、『HUBBLE』がついに到着。

 

アーティスト名:noid(ノイド)
アルバム・タイトル:HUBBLE(ハッブル)
品番:SONIC-019
価格:¥2,300(税抜)
発売日:2017年9月27日(水)
POSコード:4522197126920
流通:PCI

 

●ハイレゾ・ファイル(24bit/96kHz)のDLコード封入
●紙ジャケット(A式ダブル)仕様

01. STARS
02. otouto
03. 春
04. already
05. めざめ
06. 旧字体
07. roji_ura
08. 雲雀
09. BOB
10. Hello Stranger
11. 生中
12. SUNDAY
【Profile】
2004年、石川県金沢で結成。2008年、イギリスのレーベルbabyboomと契約。二枚のコンピCDがイギリスより世界発売。スコットランド、フランス、ブラジル等、様々な国のラジオにて楽曲がオンエアされる。2009年4月、1stアルバム『the space-elephant arrives at the moon』リリース。CRJ-C Weekly Chartで、「wood world」が初登場3位を記録する。 同年、SUMMER SONIC 09に出演。 その後も地元金沢を拠点に、自主企画「Magical Colors Night」を不定期に開催。これまでに、海外からはOf Montreal、+/- {PLUS/MINUS}、my hawaii、TOPS、Painted Palmsなど、国内からは、ROTH BART BARON、Turntable Films、ザ・なつやすみバンド、Awesome City Club、Schroeder-Headz、王舟、LUCKY TAPES、my letter、宮内優里、UQiYO、Alfred Beach Sandal、Wanna-Gonna、OLDE WORLDE、カネコアヤノ、Ryo Hamamoto、スーパーノアなど、またDJとして音楽評論家の田中宗一郎、岡村詩野、トークゲストとして作家・ジャーナリストの佐々木俊尚などを招聘している。2013年、moorworksより2ndアルバム『so are millions of us』リリース。翌年、第6回CDショップ大賞の甲信越北陸ブロック賞を受賞。さらに、TSUTAYAの「ツタロック.NET vol.1 ~次世代を担うアーティストを本気で選んでみました~」にHAPPY、UQiYO、Shiggy Jr.らと共に選出されるなど、絶賛を浴びる。2015年、my letterとのスプリット7インチをリリース。2016年に、ボロフェスタの主催者のひとりであり、自身も“世界一静かなシンガーソングライター”であるゆーきゃんが加入する。

【クレジット】
members
エイジ : vocal, guitar
オギー : guitar, chorus
スズキ : bass, chorus
ゆっきい : keyboard, glockenspiel
フカチャン : trombone, trumpet
さんちゃん : drums, chorus
ゆーきゃん : lyrics, chorus
まりの (family) : trumpet, flugelhorn

engineers, artist & staff
鈴木 祐嗣 : recording & mixing (noid studio)
except track 1 & 12 –
清水 聖一 : mixing (studio LAUT)
田辺玄 : mastering (STUDIO CAMELHOUSE)
junaida : art work & design

 

【コメント】

「noidのメンバーの優しい人柄が楽曲に滲み出ていて、聴いていると自然と笑顔が溢れます。一つ一つの音が丁寧に積み重なった繊細かつポップな曲調に最初から最後まで心踊らされました。」

中原 鉄也(ROTH BART BARON)

 

「作品を通じて、音の温かさを感じます。メンバーそれぞれの優しさが一つに集まって力強くなって、ちょうどよい温度で発熱している、そんなイメージが浮かびました。」

宮内優里

 

「都会的だけれど、懐かしい日なたのにおいも感じるポップ。豊かでふくらみのある音色。多様ないまの日本を象徴するような、融けあった地平線を望んでいる音楽。心地よいです。」

佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)

 

「HUBBLE それは、noid のNEW ALBUM。
遊び心をちりばめた一枚は、僕たちの日常に差し込む日差しのようで、夜空に人知れず流れる星のようで、出会えた人は、その遊び心満載のリズムの乗って踊りだす。暑いとか寒いとか仕事とか忘れて、さあ踊りだそう♬」

熊野盛夫(メロメロポッチ)

 

「otouto」MV

 

「STARS」MV

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. 今回はスペシャルな公開収録!!今回のインタビューは先日行われた「…
  2. 新曲もってこいの覇者、ついに登場!!今回のインタビューは、新曲も…
  3. まず配信が大幅に遅れてしまい申し訳あ…
  4. 東郷清丸さんがソロで初登場!!今回のゲストは、東郷清丸さん。…
  5. 新生 吉田ヨウヘイgroup メンバー全員で登場!これまで二度登…

tweet

PAGE TOP