全AOR~アーバン・ソウル・ファン必聴の大注目株フィル・パーベリーニが日本デビュー! クインシーやプリンスを支えた名匠トミー・ヴィカリとLAの大御所プレイヤー達がバックアップした“本物”のサウンド!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「マイケル・ジャクソンのDNAを宿したイタリアの神童が20歳代最後に放つ、本領発揮のアーバン・ポップ・ファンク作品、ココに完成。クインシー・ジョーンズ、デヴィッド・フォスター、プリンス、ジョージ・デュークらから絶対の信頼を得る敏腕エンジニア:トミー・ヴィカリのプロデュースの下、ロッド・テンパートンとジェフリー・オズボーンがヴォーカル・アレンジを担当。L.A.の名だたるヴェテラン・プレイヤーたちがガッチリと生演奏でサポートする。80’sブギー・ブームのその先を見つめた、リアル・ミュージック・フリーク喝采の一作」
――金澤寿和 (Light Mellow)

話題のアル・サニーに続く金澤寿和監修<Light Mellow Searches>最新リリースは、イタリアの若き実力派フィル・パーベリーニの驚くべき傑作『Almost Midnight』! 1990年生まれ、なんと9歳からシンガーとして活動してきたというフィル(しかもかなりの色男!)が往年のソウル~US西海岸サウンドを今に甦らせるべくタッグを組んだのは、LAの大物プロデューサー/エンジニア:トミー・ヴィカリと、あの伝説的名盤『ベイクド・ポテト・スーパー・ライヴ!』で知られるキーボーディストのグレッグ・マティソン。さらに、演奏を担うのはエイブラハム・ラボリエル(b)、スティーヴ・フェローン(dr)、ルイス・コンテ(per)といった超一流のセッション・ミュージシャン達。そんな贅を極めた制作陣によるブラコン・マナーの生音グルーヴは紛れもなく“本物”で、フィルのソウルフルなヴォーカルを完璧に引き立てています! マイケル・ジャクソン「Billie Jean」の激渋カヴァーもニクい極上の1作。ハッキリ言って全曲キラーです!

■リリース情報
FILIPPO PERBELLINI / Almost Midnight
フィル・パーベリーニ『オールモスト・ミッドナイト』
Now Available!!
PCD-24895
★監修・解説:金澤寿和 (Light Mellow)
★日本盤ボーナス・トラック収録
★歌詞対訳付

Tracklist
1. Goodbye So Long
2. Sexy Thing
3. Our Love Story
4. Almost Midnight
5. Can’t Handle The Truth
6. Rainbow Sky’s
7. Outta Here
8. Something To Smile About
9. Billie Jean
10. I Should [日本盤ボーナス・トラック]





radioDTMインフォメーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

特集連載|清水煩悩 -煩算-

Podcast新着

  1. いよいよ今週末!!アニバーサリーイベント直前SP!!今回の配信は、いよいよ差し迫ってまいりま…
  2. 開催まで残り4日となった、音楽Podcast番組「radioDTM」の配信500回と10周年を記念し…
  3. 「稀代の変哲」とも称され、水曜日のカンパネラ・コムアイなどからも称賛を得るミュージシャン、清水煩悩が…
  4. おとぎ話から有馬和樹さんがリニューアル後 初登場!!今回は番組としてとにかく大好きなバンド、…
  5. 音楽Podcast番組「radioDTM」の配信500回と10周年を記念したアニバーサリーイベントの…

radioDTMのプレイリスト

PAGE TOP