Blues Is Back with 10”Vinyl ! コレクターズ・アイテム化必至!! The Legendary Chance Masters “J.B ハットー&ヒズ・ホウクス”、 “スクールボーイ・ポータ ー” 超限定 10インチ アナログ・レコード発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1950 年代シカゴ・ブラック・ミュージックの聖域となるチャンス・レコード音源、そのオリジナル・アナログ・マスターを当 時録音時に使用されていた世界的にも希少な Ampex 社製テープ・レコーダーで再生してのデジタル化に成功。最高、 最強の音質と音圧で、それも 10 インチのアナログ・アルバムという、拘り抜いたアナログ企画として登場!!
チャンス・レコードは 1950 年から 54 年という短期間ではあったが、シカゴで名門チェス・レコードと並ぶ形で活動してい る。今回は、シカゴ・スライド・ブルース・ギターの天才で 60/70 年代のヴァンガード、テスタメント、デルマーク・レコード 作品で日本にもファンが多い J. B. ハットーのヴィンテージ名作集、そして、ホンク・テナーの名手であるジョン‟スクー ル・ボーイ”ポーターによるジャンプ・ブルース/ジャンプ・ジャズの名作集二作を紹介。
50 年代シカゴ・ブルースの、あの時代でなくては捉えられないリアルな音像が今、60 年以上を経過して立ち上がる。 この貴重な機会、お見逃しなく!

<商品情報>


アーティスト名: J.B. Hutto and His Hawks
タイトル名: Things Are So Slow -The Legendary Chance Masters-
発売日:2019 年 3 月 6 日
レコード品番: SPACE-701
仕様: 10 inch アナログレコード
価格: ¥2,700(税抜)
POS: 4940378385841
発売・販売: 株式会社スペースエイジ
LABEL: Chance Records
この時代にアナログで、しかも1940年代末から50年代前半に最高に贅沢な音楽メディアとして各社がこぞって発表した10インチ・アルバムをここに再現! オ リジナル・アナログ・マスター、ヴィンテージ録音、黒人のみに向けたブルースと、他ではおよそ再生不能の黄金時代のシカゴ・ブルース、50 年代ゲットー・サウンド がこれだ!
実際に発売されたレコード数こそ多くはなかったが、50 年代前半シカゴ屈指のブルース、ジャズ、R&B/ドゥーワップ、ゴスペル・レーベルとなるチャンス・レコード。 その 60 余年眠り続けたオリジナル・マスター・テープを当時実際に使用されていたヴィンテージ・テープ・レコーダーを使って今蘇らせる。
60 年代中盤以降、シカゴを代表するスライド・ブルース・ギタリストとして君臨した J.B.ハットー。その 28 才となる年、1954 年に初レコーディング・セッションに臨ん だこのチャンス作品は、後年さらに前面に押し出されたスライド・ギターはまだ開花中だったが、なによりもそのシカゴ・ゲットーの暗く陰湿な、打ちのめされるかのよ うな味わい、臭い、空気感あるブルースは他に求め得ないものだ。その原音体験をこの 10 インチでどうぞ!
Side One
1. Combination Boogie
2. Now She’s Gone
3. Lovin’ You (Great Lovin’)
4. Pet Cream Man
5. Price Of Love
Side Two
1. Things Are So Slow
2. Dim Lights
3. Mouth Harp Mambo [Instrumental]
4.

アーティスト名: John “Schoolboy” Porter
タイトル名: Blow Heavy -The Legendary Chance Masters-
発売日: 2019年3月6日
レコード品番: SPACE-702
仕様: 10 inch アナログレコード
価格: ¥2,700(税抜)
POS: 4940378385858
発売・販売: 株式会社スペースエイジ
LABEL: Chance Records
※選曲・解説 甲田‵‵ヤングコーン′′伸太郎(from Bloodest Saxophone)
1950 年代に吹き込まれた幻の作品が蘇る!チャンス・レコードの看板プレイヤー、テナー・サックスの名手による世界初の単独アルバム! リズム&ブルースとジャズを自在に行き来した、伝説のジョン“スクールボーイ”ポーターの音源が時空を超え、10インチ・アナログレコードで登場!! 日本が世界に誇るジャンプ・バンド、”ブラサキ“こと BLOODEST SAXOPHONE(ブラッデスト・サキソフォン)のリーダー、甲田“ヤングコーン”伸太郎が選曲を担 当。スクールボーイが奏でる重厚なブロウと、美しい音色。この機会を逃したら二度と手に入らない!興奮のヘヴイ・ブロウ!を見逃すな!!
Side One
1. Nevertheless
2. High Tide
3. Junco Partner
4. Josie Jones (featuring Johnny Sellers)
Side Two
1. Tojo’s Boogie aka Rollin’ Along
2. Stairway To The Stars
3. Sentimental Journey
4. Tennessee Waltz Part II

radioDTMインフォメーション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Podcast新着

  1. 東郷清丸さん2週連続で登場!今回の配信は、先週に引き続き東郷清丸さんが登場。5月29日に…
  2. 東郷清丸さんが1年半振りに登場!今回の配信は、古くからの付き合いのあるシンガーソングライ…
  3. 新元号「令和」一発目のゲストもDos Monos!!今回の配信は、先週に引き続き、HipHo…
  4. いま一番気になるHip Hopグループ、Dos Monosが初登場!!今回の配信は、…
  5. 伝説の番組「いわタワーアワー」がまさかの復活!!今回は久しぶりのトーク企画回。MC佐…
PAGE TOP